フィラリア症の症状とは|命を奪う危険性のあるフィラリア症の対策を学ぼう!

命を奪う危険性のあるフィラリア症の対策を学ぼう!

フィラリア症の症状とは

様々な種類のシート

フィラリア症は、フィラリア予防薬を適切に投与することで確実に予防することのできる病気となっているのですが、投与し忘れてしまうことがあったり投与し始める時期が遅ければ、その間に感染してしまうケースもあります。指示されている通りの投与をしなければ確実に守ることができないのが、予防です。もし、大切なペットの予防が間に合わなかった場合に引き起こす症状とはどのようなものなのかを知っていれば、早めの対処をすることができるのではないでしょうか。フィラリア症は、体内で6年ほど生き続け成長をしていくので症状が主に出るのは遅く、早期発見が難しいと言われていますが、少しでも異変を見つけたら病院へ行きフィラリア症の検査を行うことで、早期発見に繋がることになるのではないでしょうか。フィラリア症には、急性フィラリア症と慢性フィラリア症の2種類のフィラリア症があります。どちらも大変危険な状態となっているのですが、急性は特に危険な状態であり、命をおとす危険性の高い状態となっているので見つけたらすぐ病院へ行かなくてはいけません。急性フィラリア症に感染してしまっていると、黄疸や赤褐色色の尿が出るなどの症状が現われます。普段と明らかに違う症状が現われるので、発見はしやすいでしょう。そのような症状が見られた場合にはすぐに病院へ連れていきましょう。急性ではなく慢性フィラリア症の症状があった場合も同じく病院へ連れて行く必要があるのですが、少し分かりづらいかもしれません。咳や息切れ、腹水、水を異常に欲しがる、散歩を嫌がるなどの症状が現われるようになります。夏の暑い日に感染しやすいため、暑さのせいにしてしまうこともあり得ます。暑い日だからと言って油断はせず、普段と少しでも違うと違和感を感じたら、病院で検査をするようにしましょう。フィラリア症の検査は1000円前後で受けることができます。

↑ PAGE TOP