フィラリア症の予防|命を奪う危険性のあるフィラリア症の対策を学ぼう!

命を奪う危険性のあるフィラリア症の対策を学ぼう!

フィラリア症の予防

カプセルを持つ女性

フィラリア症は、とても恐ろしい病気ですが、フィラリア予防薬を投与することで確実に予防できる病気です。そのため、一番の治療方法は予防だとも言われています。フィラリア症から守るためは予防をしなければいけませんが、まずは先にフィラリア検査を受ける必要があります。フィラリア予防をしようと思っていても、既に体内に寄生虫が住んでいるかもしれません。症状に現れなくても卵の状態で存在することもあるので検査をする必要があります。既にフィラリア症にかかっていて予防薬を投与するとアナフィラキシー症状などを引き起こし危険な状態に陥ってしまうこともあり得ます。初めて予防薬を投与する前や、毎年の予防薬を投与する一回目の前には検査をすることを覚えておきましょう。蚊が活発化している時期は夏の間ですが、冬の間にも生息している蚊の種類はいるので、注意しなくてはいけません。感染していないのが確認できた場合には、フィラリア予防薬を投与してあげましょう。投与方法は3種類あります。注射タイプ・スポットタイプ・チュアブルタイプです。注射は病院で行ってもらえるので安心ですよね。年に一度の投与で済むので、投与し忘れる心配はありません。スポットタイプは液体を皮膚に垂らす方法となっており、月に1回投与する方法です。どの方法よりも犬や猫が嫌がらないので、簡単に投与することができますし、嫌がっている姿を見ることなく投与できるタイプなので、とても人気があります。チュアブルタイプは、錠剤なので犬や猫が飲み込むまで注意して見ていなくてはいけませんが、最近の医薬品は美味しくなっているので吐き出す犬や猫も減ってきています。犬や猫が喜んで食べているのなら投与しやすいですし、忘れる心配もないでしょう。こちらも月に1回投与する方法となっています。どの方法で投与する場合でも、動物の体重に適した対象の医薬品を利用しましょう。

↑ PAGE TOP